格安スマホって今話題のMNPで乗り換えられるんかいな?

  • 投稿日:
  • by

ドコモやau、ソフトバンクといった大手通信キャリアから格安スマホへの乗り換え(MNP)を考えている人、具体的にどんな流れで乗り換えできるのか疑問に思っていませんか?そこで、今回はこの格安スマホへMNPする際の話を詳しく紹介していきたいと思います。今から格安スマホに変えてみようかなと思っている人にも必見の情報ですよ。

まずはMNP予約番号の説明から

 まずは、MNP予約番号がどういったものなのかということから詳しく説明していきましょう。新しくスマホを買い換えようと思うときに、できるだけ手間を省いてできるようにしたいと思いますよね。メールアドレスは連絡先の相手に伝える必要が出てきますが、これにプラスして電話番号も変わるとなると周りの人に知らせるのが大変ですよね。相手だって自分の新しい連絡先を登録するという仕事が増えてしまうので、できるならシンプルにいきたいところです。

 そこで、登場したのがこのMNP予約番号なんです。一言で説明すると、大手通信キャリアから格安スマホに乗り換える際に、電話番号をそのまま引き継ぐことができるというサービスになっているんです。キャリア同士では今までできることが知られていましたが、格安スマホの勢いが増してきている今、大手通信キャリアから格安スマホに乗り換える際にもこのMNP予約番号を使えば電話番号がそのままで済むようになったんです。

 このMNP予約番号は解約する会社から発行してもらい、それを次に変わる新しい会社へ持っていくという流れで電話番号を引き継ぐことができるようになっています。とても便利な機能なので、スマホを買い換える際にはぜひ利用したいですね。

MNP予約番号を使うことのメリット

 とても便利なMNP予約番号ですが、これを使うことでどんなメリットがあると思いますか?さっそくメリットについて紹介していきましょう。

・スマホが変わっても電話番号がそのままなので使い勝手がいい

・MNP予約番号はオペレーターにつなぐことで簡単に取得できる

・MNP予約番号を発行してもらうこと自体は無料でできる

 大きくこの3つのメリットが挙げられるでしょう。スマホが新しく変わっても電話番号がそのままなのは嬉しいですよね。新しく全てが変わってしまうと最初慣れるまでの時間もかかりますし、連絡先の登録も大変です。電話番号が同じでいいというだけで、連絡先に入っている相手にもメールアドレスだけを伝えればいいので簡単です。しかも、格安スマホの場合はキャリアメールがないところがほとんどなので、そう考えると相手に伝えることが特にないまま新しいスマホを利用することができるんです。

 さらに、MNP予約番号はインターネットで今契約している携帯会社のページに入り、契約変更などといった箇所から入っていくと簡単にMNP予約番号を発行してもらうことができるんです。MNP予約番号の発行自体は無料でできるようになっているので、新しく格安スマホに乗り換えるのであればぜひ利用した方がいいサービスになっています。

 MNP予約番号のメリットを見ると本当に利用した方が便利だなということがわかりますね。

MNP予約番号を利用するのにお金はかかるの?

 MNP予約番号はとにかくスマホを乗り換える際には利用した方がいいサービスになっていますが、無料でできるのかなと疑問に思っている人もいることでしょう。まず、MNP予約番号を発行してもらうこと自体にはお金は発生しません。ただ、MNPつまりは他社へ乗り換えるということで、今契約している会社にMNP転出手数料を支払う必要は出てきます。

 まずはMNP=乗り換えするというためには、MNP転出手数料・契約解除料・契約事務手数料の3つが発生してきます。現在契約している携帯会社にはMNP転出手数料と契約解除料を、新しく契約する携帯会社には契約事務手数料がそれぞれ発生してきます。MNP転出手数料は2000円~3000円という費用になっています。また、契約解除料については9500円前後といった料金が発生してきます。この金額が携帯会社を解約する際には大きいですね。できるなら、契約解除料が発生しないタイミングで解約したいものです。また、新しい携帯会社に支払うことになる契約事務手数料については、3000円となっています。

 このように、MNP予約番号を発行してもらう分には料金は発生しませんが、転出する際に手数料が今までの携帯会社と新しく変わる携帯会社の両方とにそれぞれ支払う費用が発生してくるということになるんですね。

格安スマホへMNP予約番号を使って乗り換える詳しい方法とは

MNP予約番号は手数料が発生してくるということも覚えておかないといけないということですが、続いて格安スマホへ乗り換える際の手順について詳しく説明していきましょう。手順はとても簡単です。

1 今使っているスマホの携帯会社を解約する際にMNP予約番号を発行したいということを伝えて発行してもらう

2 発行してもらったMNP予約番号を持って、新しい格安スマホを契約しに行く

3 MNP予約番号をきちんと伝える。そうすることで、無事に電話番号を引き継ぐことができる。

大まかな手順としては、この3つとなっています。ただし、格安スマホについては店舗がない場合が多いので、インターネット上で契約の申し込みをするケースが多いです。その申し込みの中でも個人情報などを入力していく上で、MNP予約番号についての項目もあります。そこで、解約するときにもらってきた番号を間違えないように入力しましょう。そうすれば、インターネット上での契約の際でもちゃんと手続きができるようになっています。

 たとえば、DMMモバイルを例に解説していくと・・・

 まずはDMMモバイルのホームページに入ります。そして、新規申し込みというところをクリックします。そうすると、データSIMプランか通話SIMプランかをまずは選ぶことになります。その選択ができたら、「乗り換えで申し込む」というボタンがあるので、そこをクリックしましょう。

 そうすると、DMM会員かどうか聞かれるので、それに沿って進んでいきます。MNP予約番号を間違えないように入力して、その下に引き継ぎたい電話番号を入力します。あとはMNP予約番号の有効期限が発行してもらった際に書かれていると思うので、そちらも忘れないように入力しましょう。あとは、データ容量を何GBにするか、SIMカードのタイプはマイクロか標準かなどといった選択をしていきます。このようにして下まで進んでいくと、この内容で申し込むというボタンがあります。間違えがないかきちんと確認してからこちらのボタンを押すようにしましょう。これで完了です。

 DMMモバイルに限定して説明しましたが、どの格安スマホでも申し込みの際にMNP予約番号という文字が見つかるはずです。その通りに進めていけば無事に契約の申し込みができるようになっているので試してみましょう。

MNP予約番号を利用するときはこんなことに注意しよう!

 MNP予約番号、便利でかつ簡単に申し込みもできるということから、今ではほとんどの人が利用しているサービスですが、ちょっとした注意点もあるのでそちらを紹介しておきましょう。乗り換えする際にはぜひ頭に置いておいてください。

 それが、MNPの手数料が3種類発生してくることです。この手数料を合計するとあっという間に1万円を超えてしまうようになります。手数料でこれだけの料金を取られてしまうのはショックですが、乗り換えする前にはぜひ知っておかないとびっくりしてしまうことになります。まずは、解約するタイミングをしっかり意識しておかないと大きな負担となってくるのが2年縛りの解除料です。大手通信キャリアについては約9500円となっているので、これは大きいといえるでしょう。

 また、新しく格安スマホの会社に契約の手数料を3000円支払うことと、以前の携帯電話にMNP転出することへの手数料が2000円~3000円発生してくるので、乗り換えするのにそれなりの費用が発生してくることになってしまいます。乗り換えできるから利用しようと思い簡単に申し込みをしても思わぬ費用がかさんでくることになるので、注意しておかないといけません。

 大手通信キャリアの毎月の料金が高いから格安スマホに乗り換えようかなと考えている人は、MNP予約番号に関する費用や手順についてちゃんと理解しておくことが大切です。

コメントする