今話題の格安SIM。 どんなものやねん!iphoneで使えんのかいな?

  • 投稿日:
  • by

iPhoneを大手通信キャリアからSIMフリーにする方法を徹底解説してまうで!

iPhoneはドコモやauなどと大手通信キャリアからも発売され、発売される度に大人気となっていますが、このiPhoneがSIMフリー化できることはご存知ですか?では、SIMフリー化することでどんなメリットがあるのか、料金はどれぐらい変わってくるのかなどといった詳しいことについて解説していきたいと思います

iPhoneで格安SIMを使う方法とは?

 今すでにiPhoneを使っているという人も多いと思いますが、大手通信キャリアから格安SIMに変えるには具体的にどんなふうにすればいいのでしょうか?まず、すべてのiPhoneで格安SIMとなれるというわけではありません。

 格安SIMをとなれるiPhoneとしては・・・

・ドコモのiPhone

・SIMフリーのiPhone

・auのiPhoneかつauの回線を使った格安SIM

・ソフトバンクのiPhoneをSIMロックを解除して使う

この4つのパターンがあります。

このどれかに属しているiPhoneではないと、格安SIMにして使うことはできません。よって、今持っているiPhoneがもしかしたら格安SIMには対応していないケースだってあります。格安SIMを使いたいのなら、iPhoneを購入する際にこの条件は満たしているようにしましょう。

 この中でおすすめとなっているのが、ドコモのiPhoneです。ドコモの回線を借りて使っている格安SIMが多いので、iPhoneもドコモで契約しておくといざ格安SIMにしたい場合にも対応しているということが多いので助かります。格安SIMに対応しているiPhoneを契約しておいて、次に契約する格安SIMを探しておきます。そして、MNP予約番号を控えて格安SIMを契約するときに使えば、iPhoneの電話番号もそのままで使うことができます。格安SIMの場合はインターネットから申し込むことが多くなっているので、自分で手続きをしないといけないということだけ覚えておきましょう。

3大キャリアのiPhoneをSIMフリー化する方法

 iPhoneをSIMフリー化する方法とは、まずはSIMフリー化させたいiPhoneがどこのキャリアに属しているかによっても変わってきます。そこで、今回はドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアについてiPhoneをSIMフリー化する方法を紹介しましょう。

・ドコモ

 ドコモ版iPhoneを契約している中SIMフリーにしたいというときは、SIMロックを解除するとできます。このSIMロック解除については2015年5月以降に発売された機種と2011年4月~2015年4月までに発売された機種とで、方法が異なってくるのでまずはこれを押さえておきましょう。今回は、仮に2015年5月以降のiPhoneをSIMフリー化する場合について見ていきます。

 まず、SIMロックを解除するにあたって必要なものは、本人確認ができるものです。また、ネットワークの制限やその他のロックがされている場合はこれらを先に解除しておくこと、携帯電話本体が故障している場合は修理後となることも必須となってきます。SIMロックを解除しようと思ったら、パソコン、電話、来店のどれかでできます。パソコンから手続きをするとSIMロック解除手数料は無料ですが、電話やショップに行っての解除となると3000円の手数料が発生してくるので覚えておきましょう。電話や店舗の場合は直接スタッフが手続きをしてくれます。また、パソコンからであればドコモオンライン手続きというところから進めていくことができます。

・au

 AuでもiPhoneは発売されています。そこで、auのiPhoneについてもSIMフリー化を狙うなら、まずはSIMロックを解除しないと始まりません。そこで、使うアイテムが「R-SIM7+」という商品。ただ、この商品は正式にSIMロックを解除しているというわけではなく、アダプタをSIMトレーとSIMカードの間に挟んで、他社のSIMカードをauのSIMカードと認識させるという仕組みのものになっています。

 実は、ドコモのようにauのショップやホームページからロックが解除できるように、オープンになっているものではありません。よって、自己責任でロックを解除することになるので、不安な人にはおすすめできません。AuでSIMロック解除するなら、評判に善し悪しがあるアダプタを使うしかないということですね。

・ソフトバンク

 ソフトバンクについてはドコモと同じようにホームページでもSIMロック解除の方法について記載しています。オンラインで解除すると無料でできますが、ショップでしてもらうとドコモと同じように3000円の手数料が発生してくるので注意しましょう。ただし、ソフトバンクについては同じソフトバンクの回線を使っているMVNO業者が他にないので、SIMロックを解除しても、次に契約できるMVNO業者がないという事態になってしまうんです。ただ、iPhoneの中でも6Sや6SPlusについては対応しているとのことなので、新しいiPhoneをチェックするようにするといいでしょう。

通常であれば、ホームページのマイソフトバンクに入ってSIMロック解除というところを見つけて手順どおりに進めていくと解除できるようになっています。ただ、一度解除すると、またロックをかけるということは無理になってくるので、その点については事前に把握しておきましょう。

 3大キャリアについては、それぞれでSIMロック解除の方法が少しずつ異なってくるんですね。今どこのキャリアでiPhoneを契約しているかによって手順を確認してみましょう。

 

キャリアからSIMフリーにするとどんなことがお得になる?

 キャリアからSIMフリーにする方法をキャリア別に紹介してきましたが、SIMフリーにすることで何がお得になるの?と疑問に思っている人もいることでしょう。そこで、ここではお得になることを紹介していきたいと思います。

 まず、iPhone本体の価格はほぼ変わりません。ただし、SIMフリーにすることでキャリア別に今までかかっていた通信費が7000円ほどからたったの1000円台にまで節約することができます。これを2年間通信するとなると、12万円ほどの差額にまで膨らむんです。キャリアならではの毎月割引は用意していない格安SIMが多いですが、それでもトータルで計算すると最低6万円ほどの節約はできます。

 今どこのキャリアのiPhoneを使用しているかによって、SIMフリーにした場合どれぐらい料金の節約ができるか具体的に計算してみるとはっきりわかりますね。

こんな人はiPhoneをSIMフリー化するべき!

 キャリアのiPhoneをSIMフリーにすることでかなりの節約ができるということですが、ではSIMフリー化すべき人ってどんな人なのでしょうか?

・あまり通話をしない人

・海外に行く機会が多い人

 

 この2つをメインに解説していきましょう。SIMフリーにすることで気になってしまうのが通話料です。これは、格安SIMのデメリットとしても挙げられていることで、うっかり話していると通話料で毎月の料金がかさんでしまうということになります。そこで、キャリアのiPhoneをSIMフリー化した場合にも通話はあまりしないかなという人の方が使い勝手がよく利用できると思います。

 また、海外に行く機会が多い人にはかなりおすすめです。iPhoneは世界中で利用されているので、その国のSIMに変えるだけで快適に使用できるようになるからです。iPhoneがSIMフリーでないために空港で手続きが必要になってくる場合もあるので、事前にSIMフリーのiPhoneにしておけば完璧ですね。

iPhoneをSIMフリー化するときの注意点

 iPhoneはSIMフリー化することでリーズナブルに利用できて海外に行っても便利と言われていますが、注意点もあります。その注意点について触れておきましょう。

・SIMロック解除の条件としてiPhone購入から6ヶ月が経過していること

・電話やショップに行ってSIMロックを解除すると手数料が3000円発生してくること

・2015年5月以降とそれ以前とでSIMロック解除の手順が違ってくること

・通話料が多めの人はSIMフリー化することで通話料が高くついてしまう可能性があること

・データ通信の容量が小さめから用意してあるので、どこの格安SIMにするか慎重に選ぶこと

 この5点に注意してみましょう。特に、購入から6ヶ月経っていないと解除ができないのは事前に知っておかないと困ります。それを踏まえて買うタイミングを意識しておかないといけませんね。また、通話はよくする、データ容量は多めがいいなどとその人のiPhoneの使い方によってもSIMフリー化する際には注意しましょう。

今人気の格安SIMはこれ!

 iPhoneはSIMロックを解除することで格安SIMに乗り換えることができるわけですが、格安SIMにもいろいろあります。では、iPhoneを格安SIMにする場合、おすすめの格安SIMにはどんなものがあるのでしょうか?順におすすめを紹介していきます。

・IIJmio

 今格安SIMの中でも勢いが出てきているのがこちらのIIJmioです。ドコモの回線を利用したMVNOになります。プランが全部で3つあり、最低1600円~となっています。容量も7GBまでと多めに設定してあるので、大手キャリアを使用していた人にとっても安心でしょう。また、IIJmioにはメリットの1つともいえるバースト機能がついています。これは、一時的に遅くなった速度を早くしてくれるので、インターネットがつながりにくくなるという事態を防いでくれます。

・OCN モバイル ONE

 インターネットのプロバイダでも有名なOCNから格安SIMも登場しており、iPhoneをSIMフリー化したい時にもおすすめとなっています。OCN モバイル ONEでは1日毎にデータ容量の制限を設けています。1日110MBとなっています。よって、頻繁にiPhoneを利用するという人であれば、次の日になると容量がリセットになっているので、煩わしさを感じることなく快適に通信ができるわけです。

 月額972円~というリーズナブルな料金設定もありがたいですね。安心の業者であることもインターネットを利用している側からするとわかると思うので、信頼できる格安SIMといえるでしょう。

・NifMo

 NifMoはドコモ系の回線の中では一番速度が早く、安定していると言われています。格安SIMにすることで通信速度が心配になってしまう人も多いですが、NifMoについては心配する必要がありません。月3GBまでくらいで十分かなという人にはおすすめです。それ以上使いたいという場合には格安SIMとしてはちょっと割高になってしまうかもしれません。3GBプランであれば月額900円~となっているので、かなりお得ですね。快適にサクサクとスマホを活用したい、でも大手キャリアからは抜けて格安SIMでiPhoneを使いたいという人にはぴったりでしょう。

iPhoneを格安SIMにした人たちの体験談

 iPhoneを格安SIMで利用する場合の手順やメリット、注意点などについて紹介してきましたが、実際に実践した人はどんなふうに感じているのでしょうか?ちょっと以下にまとめてみました。

・格安SIM、最初はたくさんありすぎてどうやって選ぼうか迷っていたけれどiPhoneを使う場合には最適なものを選ぶようにしました。私の場合は、データ容量もたくさんは必要ないので、NifMoにしました。3GBが900円~になっているので大手キャリアを契約していた頃とは、毎月数千円の差が出てきています。実際には何不自由なく快適に使えているので、料金もお得だしすべてが満足です。 (30代主婦)

・iPhoneを愛用してきて早数年、毎月のドコモに支払う料金が高すぎるなと思いSIMフリー化を検討してみました。私の場合は楽天ポイントも貯めていきたいと思い、楽天モバイルにしました。データ容量によってプランが細かく分かれているので助かりますね。また、ドコモでのSIMロック解除も手順通りに進めることができ、パソコンから手続きをしたので3000円の手数料もかからずに済ませることができました。おかげで、今は毎月5000円以内でiPhoneを利用できています。

 まだまだiPhoneをSIMフリー化して使っている人はいることでしょう。iPhoneは最新の型が登場するたびに話題になり、購入する人もいる中、大手キャリアでは利用料金が高くて毎月苦しいと思っている人もいます。そんな人たちのためにもできたのが、SIMフリー化ですね。今後iPhoneの購入を検討している人もぜひSIMフリー化を覚えておくといいでしょう。

コメントする